マスカットマイスター講座
再発見!マスカット・オブ・アレキサンドリアの魅力

「果物の女王」とまで呼ばれる、岡山を代表する最高級ブドウ"マスカット・オブ・アレキサンドリア"。 その美しい色や気品高い食味や香りは、他の品種では味わえない独特の魅力があります。
岡山北商工会では、岡山が誇るマスカット・オブ・アレキサンドリアのおいしさや魅力を再発見するとともに、新しいマスカットについてもいろんなことを学んでいただく「マスカット応援マイスター講座(平成29年度伴走型小規模事業者支援推進事業)」を実施しています。

マスカット応援マイスター講座 開催中!

講師:江草聡美氏
(野菜ソムリエ上級プロ)

消費者として岡山県産マスカットの美味しさ・魅力を情報発信する
「マスカットの伝道師」を養成する講座です。

第2回(7月) 品種、栄養・機能性、伝え方①

第2回の講座では、マスカット・オブ・アレキサンドリアの変遷とアレキサンドリアからつながるブドウたち、そしてブドウの栄養や機能性について学びました。

品種

透き通るようなエメラルドグリーンと豊かな芳香と気品あふれる食味が特徴の果物の女王「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。"大粒"、"種なし"、"甘い"と三拍子そろった「ピオーネ」、くだもの王国おかやまの次世代を担う「オーロラブラック」「シャインマスカット」「紫苑」「瀬戸ジャイアンツ」など多彩で個性豊かなぶどうが揃っています。

  アレキサンドリア ピオーネ シャイン 岡山県産の
ぶどう全体
栽培面積 59ha 914ha 117ha 1,200ha
生産量 500t 10,200t 580t 16,300t
全国順位
(シェア)
1位
(97.3%)
1位
(41.5%)
3位 4位
(9.0%)

ぶどうの栄養と機能性

ブドウ糖による疲労回復効果

ぶどうには体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖などの糖質が多く含まれれおり、これらは体内で代謝の経過を経ずにそのままエネルギーになるため、疲労回復効果が非常に大きい。

脳にエネルギーを与え、働きをよくする

ブドウ糖は脳の栄養源(エネルギー)となり、脳の動きを活発にし、集中力を高める効果がある。

ポリフェノールによる抗酸化作用

ポリフェノールはぶどうの皮や種の部分に多く、ガンや動脈硬化の予防に効果があるといわれている。その1つはアントシアニン葉色素成分で、赤ブドウにたくさん含まれており、目の疲れや糖尿病による目の病気など、視力回復につながる重要な役割を果たす成分として注目されている。

アレキサンドリアの魅力を伝える Vol.1

伝える

① 書いて伝える(文字・絵・写真・統計資料等)

② 話して伝える(言葉・表情・五感・試食等)

③ ①と②の組み合わせ

伝え方のポイント!

(1)リミッターをかける!
・〇分で話す、〇文字以内で書くなど。
・制限を設けることで言葉や文章が洗練され、聞きやすくなったり、読みやすくなったりする。

(2)相手の利益を語る!
*利益とは?…ベネフィット(benefit)。商品から得られる受け手の幸せ。
1 機能的ベネフィット
(金銭+地位、名誉、実績、性能、安全性、栄養・機能性…)
2 感情的ベネフィット
(楽しさ、美味しさ、経験、貢献、人情、安心感…)

受講の様子

第1回(6月) マスカットの歴史・栽培手順、日本の果物事情

マスカットの歴史

岡山での栽培は130年前から!
先人の知恵と岡山の気候で実る

岡山県でのマスカット・オブ・アレキサンドリア栽培の歴史は古く、なんと約130年前から始まりました。その発祥の地が、岡山市の津高地区。明治初期にアメリカから導入されたアレキサンドリアを、1886(明治19)年、山内善男さんがガラス温室を設け、栽培を始めたのが最初です。

アレキサンドリアの原産地は北アフリカで、高温・乾燥が栽培には最適。そのため当初、気候の違いから日本での栽培は困難だったそうです。岡山でアレキサンドリアの栽培が成功したのは、瀬戸内の温暖で多照な気候とガラス温室での栽培がマッチしたからといわれています。津高地区にはガラス温室を復元したものがあり当時の面影を偲ぶことができます。

それから1世紀以上、多くの人々がアレキサンドリアの栽培技術の研究を重ね、現在では国内シェア95%以上、生産量日本一という、岡山県を代表するフルーツとなっています。

上品な香りと甘み、マスカット本来の味がする

アレキサンドリアは舌だけでなく、"鼻"や"目"でも人を楽しませてくれるフルーツです。中でも一番の魅力が、高貴で気品漂う、特有の甘い香り。他の品種のブドウではなかなか堪能できない良い芳香は、まさに「果物の女王」の名にふさわしいもの。また粒は鮮やかなエメラルドグリーンで美しく、目でも楽しませてくれます。

味はほどよい甘みの中に爽やかな酸味があるのが特徴で、みずみずしく上品な味わい。甘すぎないため、後味もすっきり。アレキサンドリアは、マスカットが持つ本来のおいしさを楽しむことができるといえるでしょう。

岡山のブドウ

「果物王国」とも称される岡山県では、アレキサンドリアの他にも、たくさんのブドウが生産されています。ニューピオーネ、瀬戸ジャイアンツ、シャイン、紫苑、コールマン、ロザリオビアンコなどなど。

その中でもマスカット・オブ・アレキサンドリアには、一番長い歴史があります。1世紀以上にわたるアレキサンドリアの栽培の中で、品種改良も盛んに行われ、現在ではさまざまなマスカットが市場に出回っています。"種なし"や"糖度が高い"など、食べやすさを重視した品種が多いのが特徴です。

受講の様子

岡山北商工会で育てている、マスカット「ビオレ」の様子をお伝えするコーナーです。 数年目からマスカットを食べることができるようになります。ビオレくんの成長をお楽しみに!(2017年8月16日更新)

  • 会員ログインはこちら

新着情報

全ての一覧を見る

  • 岡山北商工会青年部
  • 岡山北商工会女性部
  • 岡山北商工会たより
  • るるぶ岡山市北
  • 一宮観光協会
  • 津高観光協会
  • 桃太郎御津観光協会
  • 建部町観光協会